支援者研修

外国につながりをもつ子どもとは?

両親または父母の一方が外国籍の子ども、日本人と再婚した親の連れ子として母国から来日している子どもなど、外国に何らかのルーツをもつ子どものこと。 日本国籍をもつ子どもでも、日本語能力や文化背景などが多様化しており、国籍だけで定義することができないことから「外国にルーツをもつ子ども」「多文化な背景をもつ子ども」「ミックスルーツの子ども」等の表現も使われている。

罫線

イタリアの移民とNPOの取り組み

~ローマでの演劇を取り入れた活動を中心に~

*キャンセル待ちです。

日時・場所

2020年7月 5日(日)14:00~15:30

キャンパスプラザ京都 6階 第5講習室
http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access

内容

多様な言語、文化、宗教等の背景をもつ住民が同じ地域で暮らしていくためのヒントとして、ローマでボランティア活動をされていた方のお話を伺います。

1.イタリアの移民の受け入れ状況

2.ローマにおける移民とNPOの活動について  ~演劇を取り入れた活動を中心に~

3.質疑応答

話題提供者

内山唯日(ゆいか)さん

イタリア出身。
(一社)ナレッジキャピタル コミュニケーター、日本語教師。
ローマ大学の東洋の言語と文化学科で日本語・中国語を専攻、中国の大学で文化人類学を専攻。

対象

日本語ボランティア、国際交流協会職員、教育・行政関係者等 関心のある方ならどなたでも

参加費

無料

申し込み先

*キャンセル待ちです。

会場において適度な距離を保つため、事前のお申し込みをお願い致します。

(公財)京都府国際センター

件名「イタリア研修」
1.名前 2.TEL 3.所属団体又は居住市町村名
4.外国人の支援経験 (ある場合、内容と年数)

kodomo[at]kpic.or.jp    [at] -->半角の@

チラシ

イタリアの移民とNPOの取り組み

主催

[主催]  (公財)京都府国際センター(TEL: 075-342-5000)