支援者研修

外国にルーツをもつ「元」子どもの声を聴く(亀岡) 
外国につながりをもつ子どもと地域の居場所づくり (舞鶴)
多文化共生×Forum Theatre×マンガ

外国につながりをもつ子どもとは?

両親または父母の一方が外国籍の子ども、日本人と再婚した親の連れ子として母国から来日している子どもなど、外国に何らかのルーツをもつ子どものこと。 日本国籍をもつ子どもでも、日本語能力や文化背景などが多様化しており、国籍だけで定義することができないことから「外国にルーツをもつ子ども」「多文化な背景をもつ子ども」「ミックスルーツの子ども」等の表現も使われている。

罫線

以下の研修会は「三菱財団×中央共同募金会 共同事業~新型コロナウイルス感染下において困窮する人々を支援する~外国にルーツがある人々への支援活動を応援する助成事業」の助成を受けて実施しています。

外国にルーツをもつ「元」子どもの声を聴く(亀岡)

外国につながりをもつ子どもの学びを支える研修会

日時

2021年8月28日(土)13:30~15:30

実施方法

オンラインZOOM
(ガレリアかめおかの対面実施からオンラインに変更になりました)

内容

外国にルーツをもつ家族の中で育ち、家族と日本社会との間を行ったり来たりしながら感じてきた違和感。子ども時代にはうまく言葉で表現できなかった気持ちに、大人になるまでにどのように向き合ってきたか、その道のりについてお話を伺います。

スピーカー

梁 説(ヤン ソル)さん
Books × Coffee Sol.店主。在日コリアン2世の父と日本人の母との間に生まれる。小学校は民族学校に通うが広い世界が知りたくて公立へ進学。1993年より京都市南区東九条地域で開催するまつり「東九条マダン(ひろば)」では運営と芝居づくりに深く関わる。

対象

・日本語を母語としない子どもに関わりのある方や関心のある方
(学習支援教室の支援者、教員、学校関係者、日本語ボランティア等)
・外国にルーツをもつ中学生、高校生

定員

20名

参加費

無料

申し込み

https://forms.office.com/r/UVPSTqxM58

チラシ

※緊急事態宣言をうけ、オンラインによる実施に変更になりました。

「外国にルーツをもつ『元』子どもの声を聴く

主催・共催

(公財)京都府国際センター(TEL: 075-342-5000)
Office Com Junto(オフィスコンジュント)

共催 : 亀岡国際交流協会

外国につながりをもつ子どもと地域の居場所づくり研修会 (舞鶴)

日時

2021年8月22日(日)・29日(日)14:00~16:00

実施方法

オンライン ZOOM

内容

▼8月22日(日)

「ひまわり教室(亀岡)の活動紹介」

活動立ち上げの経緯、学習支援活動の紹介、保護者、教育委員会との連携方法

講師:児嶋きよみさん
(Office Com Junto、外国につながりをもつ子どもの学習支援教室ひまわり代表)

罫線

▼8月29日(日)

「外国につながりをもつ子どもの日本語・教科学習支援」

・外国につながりをもつ子どもとは? 
・子どもの学習の特徴:大人とどのように異なるのか
・生活言語と学習言語
・子どもに対する支援・指導のヒント

講師:滑川恵理子さん (京都女子大学国際交流センター助教)

対象

日本語を母語としない子どもに関わりのある方や関心のある方(初心者向け)
(国際交流協会職員、地域日本語教室のボランティア等)

定員

30名

参加費

無料

申し込み

https://forms.office.com/r/xXuHvGbqw5

チラシ

外国につながりをもつ子どもと地域の居場所づくり研修会(舞鶴市)

主催

NPO舞鶴国際交流協会
(公財)京都府国際センター 

多文化共生×FORUM THEATRE (フォーラムシアター)×マンガ

フォーラムシアター/討論演劇

多文化共生×Forum Theatre×マンガ

日時

2021年8月8日(日) 
第1部 10:00~13:00 第2部 14:00~17:00 

実施方法

オンライン ZOOM

内容

【第1部】Forum Theatre (フォーラムシアター/討論演劇)
劇への参加を通し、多文化共生に関する課題について解決策を考える。

テーマ「外国につながりをもつ子どもと子どもを取り巻く環境」
[ファシリテーター] 内山唯日(ゆいか)さん

フォーラムシアターとは? 

↑クリックしてください

罫線

【第2部】 マンガの台本づくり 「多文化共生の舞台へようこそ!」
Forum Theatreで体験した解決案をより広く発信するため、多文化共生のための啓発マンガの台本づくりを共同で行う。

[企画・講師]
ギルデンハルト ベティーナさん
(同志社大学グローバル・コミュニケーション学部准教授)
張洋(ヂャン ヤン)さん (イラストレーター)

1.グループに分かれて台本づくり     
  作業用ワークシートを使い登場人物のセリフ、表情、構図などを考える。 
  共同作業により参加者同士の対話を深めて行く。
2.後日、主催者が台本を元に作画作業
3.校正(詳細は当日、説明します)
4.PDF版を参加者で共有

対象

多文化共生に関心のある方、教育関係者、保護者等

定員

20名

参加費

無料

申し込み

締め切りました

チラシ

多文化共生×FORUM THEATRE (フォーラムシアター)×マンガ

主催

(公財)京都府国際センター(TEL: 075-342-5000)